無添加石鹸・自然派基礎化粧品のかづさや 無添加石鹸や天然ハーブ配合自然派基礎化粧品、ツバメの巣サプリメントなど天然・自然にこだわった健康と美容のための商品の開発・通販
TOP » ブログ&コラム » ブログ

日本アレルギー学会」の学術大会に参加してきました

投稿日:2016/7/13カテゴリ:〔ブログ

第65回日本アレルギー学会学術大会

第65回日本アレルギー学会学術大会

こんにちは、かづさやの山口です。

去る2016年6月に開催された「日本アレルギー学会」の学術大会に参加してきました。

その中で、是非みなさんにお伝えしておきたいお話がありましたので紹介したいと思います。

石鹸によるアレルギーが増えている

学術大会では、特別講演や教育講演の他、様々なシンポジウムや教育セミナーが開かれていて、特に無添加石鹸の製造・販売を手掛けるるとともに助産師でもある私と小児科医である夫にとっては、

  • ・皮膚バリアとアレルギー疾患
  • ・小児アレルギーにおける免疫療法
  • ・小児重症気管支喘息の診断,治療,フォローアップ
  • ・アトピー性皮膚炎最近の話題

・・・などなど、どれも非常に関心のあるものが多くありました。

その中で、「石鹸によるアレルギー」の話がありましたので、みなさんお伝えしたいと思います。

石鹸の殺菌成分がアレルギーを引き起こす

サッカーの汗疹石鹸、特に薬用石鹸などには、「殺菌成分」が配合されています。

昨今の行き過ぎた清潔ブームとでも言いますか、「洗い過ぎ」の方が増えているようです。また、テレビCMなどの「除菌」の連呼によって、誰もが高い殺菌効果を謳う石鹸や洗剤を多く使うようになっています。

実は、この「殺菌成分」がアレルギーを引き起こす原因になっています。

天然の防御システム「皮膚バリア」

私たちの肌は、水分を保持したり外部から異物が侵入するのを防ぐ「皮膚バリア」機能を持っています。

これは、皮脂や角質や表皮などが上手くバランスをとって成り立っていて、さらに「常在菌」と言われる、私達の肌を守ってくれる細菌たちが、悪い最細の繁殖や侵入を防いでくれています。

洗い過ぎと殺菌成分が「皮膚バリア」を壊してしまう

手の老化防止手洗いは病気を防ぐ、第一の防波堤の役割として、皆さんの習慣として浸透しています。
しかし、洗い過ぎは、皮脂を過度に落としてしまったり過剰な刺激を与えてしまいますし、角質層が削られてしまったり皮膚に傷が付いたりすると、汚れやばい菌が内部に容易に侵入出来るようになってしまいます。

また、殺菌成分を持った薬用石けんを使って手洗いをすると、殺菌成分が「常在菌」を殺してしまい、ばい菌の繁殖を容易にしてし、感染症の危険増大、耐性菌の増殖、環境汚染など、悪い影響の方が高くなってしまうという研究結果がだくさん発表されています。

殺菌成分「トリクロサン」の危険性

薬用石けんなど、数多くの市販製品には、抗菌・殺菌成分として「トリクロサン」「トリクロカルバン」という化学物質が使われています。

トリクロサンが入った薬用石けんの使用は、前述のように感染症の危険の増加や腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)の変化、耐性菌の出現・増殖、さらに環境汚染を増加させる恐れがあるなど、その危険性を指摘する研究報告がなされています。

上記のような悪い影響のリスクの高さから、欧州ではトリクロサンを含む製品の販売禁止も始まっています。アメリカでは薬用石けん市場が消滅するのでは?ともいわれています。

職業性アレルギーが増えている

職場でアレルギーに

最近、職場において「アレルギー」を発症する人が増えているそうです。

職場では、様々なアレルギーを引き起こす物質との接触や使用が毎日・大量・多頻度である可能性が高く、仕事であるため長時間にわたり、避けることもできませんから、重症になることも少なくありません。

このようなアレルギーを「職業性アレルギー」と呼んでいます。

薬用せっけんなどの殺菌成分もアレルゲンの一つ

「洗い過ぎ」や過剰な「清潔・殺菌ブーム」、また消費者の衛生への関心の高さから、様々な業種の現場において「薬用石鹸」や「殺菌剤」などが多量に使用され、「職業性アレルギー」の大きな要因となっています。

普通の石鹸でも殺菌効果は十分

効果は変わらない

ピュアソープはよく泡立てて普通の石鹸でも、汗や余分な皮脂などの汚れを洗い落とすことで、それらに付随するばい菌も一緒に取り除くことが出来ます。
それに、インフルエンザウィルスなどのエンベロープ(殻のようなもの)を持たないウィルスに対しての殺菌効果も持っています。

大手の石鹸メーカーが実験したところ、通常の手洗いにおいては、普通の石鹸と殺菌成分の入った薬用石鹸での違いはごく僅かだったそうです。他にも、1分やそこらの時間で殺菌成分の効果は認められなかったとの研究が発表されています。

ポイントは丁寧&洗い過ぎず!

何よりも、丁寧に泡立てて汚れを十分に浮き上がらせて、その後はしっっかり洗い落とすことが大切です。
そして、皮膚に刺激を与えすぎたりせず、やさしく洗ってあげましょう。

 

「不潔恐怖症」の方が増えていますが、バリア機能を壊してしまっては元も子もありません。
行き過ぎた「清潔主義・無菌主義」も一緒に洗い落としたほうがよさそうですね。

 

最後に、うちの商品のPRも少しだけ(笑)。 もちろん無添加石鹸だから殺菌成分は入っていません。そのかわり、天然の殺菌効果を持つ「マヌカハニー」を配合して、肌に刺激を与えないやさしい洗い心地を実現しています。

マヌカハ二ーについては ⋟よくあるQ&A-ピュアソープの成分「マヌカハニー」とは何ですか?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る

▼この記事のキーワードから他の記事を探す
,